“富士山が世界遺産になるまで” 講演会

富士山が古から日本の芸術に与えた影響、
そして日本人にとって
心の拠り所である祈りの象徴とは…

このたび、
富士山を世界遺産にした立役者である小田全宏先生と
富士山を見立てた富士茶盌を作るアスリート陶芸家の私で
“富士山が世界遺産になるまで”をテーマに対談という
素晴らしい舞台をいただきました。

小田全宏先生は
今回の舞台である
三田にある真言宗弘法寺の管長でもあり、
フルート、篠笛で美しい音色を奏でる音楽家、
そしてご自身で指揮棒を振る音楽楽団を持たれ、
人間教育のプログラムをいくつも開発されてきた

一言では言い表せないほどの様々な分野でご活躍をされている御方です。
富士山が世界遺産となるまでの10年間の長い道のり。
困難と言われるものにこそ、
自然体で”今その瞬間に”熱心に取り組む
全宏先生の姿勢には、刺激をいただきました。

日本人の美意識の原点とも言える
富士山を愛する一人として、
“今その瞬間”の感覚を大切に
これからも富士茶盌を作り続けます。
企画🙏 神山 ナオミ
Photo📸 Komei Sunagawa

遠州流許状授与式

遠州茶道宗家お家元の直門に入門し早3年、この度有難く、準師範の許状をいただきました。

そしてお家元から頂いた宗号は”宗道(Sodo)

“宗号とは、流派のみなさん共通する”宗”の一文字とその人を表す意味のある一文字で構成される遠州流の茶人としての名前。

この度いただいた”道”という言葉にある美しい響きと意味、そして期待と重圧…

茶の道、陶の道、スポーツの道その道が交差するまだ誰も見たことのない世界を私は見たい

全てを楽しみながら多くの方とともに山田宗道としての”道”を一歩ずつ進んでまいります。

五感茶会のご案内

元麻布の閑静な住宅街にあるコミュニティースペース”BINE”を貸し切り、人間の感覚にフォーカスしたイベント”6 SENSES EXPERIENCE”に参加します。

食やアートを中心に様々なジャンルのプロフェッショナル達が一つ屋根の下で一堂に会してワークショップ(予約制有料)や展示(無料)を開催しております。
私は”触覚”を担当し3/18(金)、19(土)、20(日)の3日間、毎日2席ずつ茶会(点て方講座+茶の湯セミナー付き)のワークショップをいたします。
ここでは茶盌も持つときの掌の感覚を研ぎ澄し、自分と繋がり、一服を楽しんでいただきます。
私の作った茶盌と、美味しい一服と共に皆さんのご参加をお待ちしております。

【場所】〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目8−14Social House BINE(ソーシャルハウスバイン)03-6277-0833https://goo.gl/maps/JDANdXwrcX6ZSUeDA(広尾駅 徒歩11分、麻布十番駅 徒歩13分)
【日程】3/18(金) ①13:00〜14:30 ②16:30〜18:003/19(土)
①13:00〜14:30 ②16:30〜18:003/20(日)
①14:00〜15:00(茶の湯セミナー無し) ②17:30〜19:00
【イベントHP】https://6senses-experiment.studio.site/
【茶会予約サイト】https://6sense-tea.peatix.com/view
※イベントHPのPeatixからご予約ください。
なお、空きがあれば当日のご参加も対応いたします。