赤城神社七夕祭茶会

7月7日、神楽坂駅前にある赤城神社の七夕祭にて、
お茶会の手伝いをさせていただきました。

赤城神社は縁結びで有名で、建築家の隈研吾さんが設計されたモダンでおしゃれな境内、社殿には多くの方が訪れ、パワーあふれる神社です。

雲に浮かぶ茶室「界雲席」

今回は茶人の木口和也さんk kazuya製作
「界雲席」という持ち運び可能なポータブル茶室での特別なお茶席。(界雲席はレンタル・販売もしております)

もともと境内の青空の下で夏らしいお茶席を予定しておりましたが、あいにくの降りしきる雨…

しかし、赤城神社の宮司さんの粋な計らいで、
なんと拝殿内でのお茶席が実現しました。

時を忘れてしまうほどの美しい非日常空間、
そして厳かで神聖な空気・・・

献茶式では私の赤城神社をイメージしたお茶碗で
ご神前に奉納していただきました。

赤城神社をイメージした「赤城神社茶碗」

また七夕祭のために制作した、天の川や富士山をイメージしたお茶碗で、海外の方をはじめ多くのお客さまへのおもてなし。

七夕祭はF/Actory代表の今野 誠二郎さんを中心とした若さあふれるメンバーの運営により、若い方々が多く集まり日本伝統文化に触れ、大いに盛り上がりました。

小堀宗翔さん講演会ゲスト登壇



母校OB会主催の小堀宗翔さん講演会にゲストとして登壇いたしました。

講演会の中で、遠州流の綺麗さびやアスリート茶会を感じていただくため、剣の道を極めていらっしゃる大先輩に向けて、私の制作した剣道茶碗で小堀宗翔さんにお茶を点てていただき、おもてなしをいたしました。

国際会議も開催される講演会場
ホテル椿山荘東京
今回もアスリート作務衣で登壇ー
一緒にいる人: 小堀 優子 

その中で作り手の私も考えていなかった剣道茶碗と剣道の繋がりを大先輩に見出していただき、1つの茶碗を通して作り手と使い手の心が共鳴し合った瞬間を感じました。

1つの茶碗を通して、
感性を研ぎ澄まし多くのことを感じて欲しい。

そして使うたびに新たな発見がある、
そんなうつわを作っていきたいと思います。