志戸呂焼窯元訪問

静岡県島田市にある遠州七窯のひとつ、志戸呂焼。
400年前に小堀遠州公が指導して多くの素晴らしい茶入、茶碗、花入が生み出されてきた。

風格ある登窯

この度ご縁があり、地元の土、釉薬、薪にこだわり作陶されている利陶窯2代目青嶋利陶さんを訪ねました。

青嶋さんの作品、また先代本多利陶さんの作品にも触れさせてもらい、志戸呂にしかない風格、そして独自の釉薬のなかにある輝きを感じました。

最後にどうしても志戸呂の土を触りたく、無理言って轆轤もひかせてもらいました。

柔らかな優しい肌触りの中にコシもあり、まさに私の好きな土感。
今回作陶した作品は東京に持ち帰り素焼きし、秋の登窯の本焼きに入れていただけるとのことで、今から焼き上がりが楽しみです。