ツインリサーチ茶会

遺伝や環境がひとの健康に及ぼす影響について、ふたごの方々を対象とした研究をしている友人との企画で、ハンガリーとデンマークからいらっしゃった医師や研究者の方々にお茶会を開きました。

研究室の方々にもサポートもいただき、お茶と私の富士茶碗を楽しんでいただきました。

富士山のイメージは万国共通であり、これぞ日本の象徴!と感じていただけたようです。

抽象的なモノをみて、なにを感じとりますか?

もちろん答えはありません。
作り手としては新しい解釈をしていただけることが大きな喜びです。

その中で、異なった文化で育った人たちが同じ目線でモノを見て共感し楽しめること、それが人と人とが繋がる瞬間なのではないかと感じます。

茶道というものはそんな瞬間の詰まった、
宝箱のようです。

研究室の皆さま、ありがとうございました。