鈴廣かまぼこ茶会

小田原の鈴廣かまぼこさんにて
かまぼこを作られる職人さん20名が集まり、お茶会が開かれました。

一碗目は鈴廣かまぼこをイメージした真っ白で少しマット質な
“かまぼこ茶碗”を制作しました。

ニ碗目は小田原の工場の近くから見える富士山をモチーフにした
“富士茶碗”
当日はあいにくの雨模様のため富士山は見えませんでしたが、茶碗を通して見える富士を楽しんでいただきました。

かまぼこ職人さんの繊細な手仕事と茶道、そして茶碗。

感性やモノを見る力、そしてなにより相手を思う気持ち…
非日常の空間の中で、新しい発見があったかと思います。

私もサカナのちからで日々の生活を元気に過ごします!